【史上初】IT職種ごとのおすすめ転職サイトランキング

デジタルリテラシーとは?身に付けてデジタル社会を楽しもう

デジタルリテラシーってなんだろう
綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

こんにちは~

綴間チヨノリです

 

本を出版したら、翌朝にAmazonで1位を2つも^^

出版社との経緯や書籍に込めた想いをこちらで綴ったので見てみてね~

最近はさまざまなテクノロジーが出てきて、いつのまにか置いていかれた気分になってしまうことがあります。

「最新のテクノロジーを国民みんなで使って、日本を世界標準なデジタル社会へ!」、だとハードル高そうです。

なので、「デジタルを使いこなして、今より楽にみんなで楽しく生きようぜ!?」と言われた方が身近な雰囲気でハッピーになれそうです!(個人の感想です)

そのためには、少しずつデジタルリテラシーを高めて、デジタル社会を楽しもうとするのがたいせつかもしれませんね。

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

ということで、

デジタルリテラシーについて解説していきます〜

 

\目視で調査しました!/
【史上初】IT職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェント20社
各転職サイトでIT職種ごとの求人数を調査しランキングにしました!IT転職サイトを選ぶときには、実際に自分が望む求人がどのくらいあるか目視で確認することがたいせつです。なぜなら、誰かから聞いた話だと本当かどうかわかりません。それに、前提条件もことなるかもしれません。”転職に正解はない”と言われますが、それは、
〇〇に聞いたQ&Aもプレゼント

 

デジタルリテラシーとは

デジタルリテラシーとは、さまざまな最新のテクノロジーやWebにSNSなどのデジタルプラットフォームから情報を集めて、仕事や日々の生活に活かせる能力です。

経済産業省が「全ての国民が、役割に応じた相応のデジタル知識・能力を習得する必要がある」、とこれからのデジタル社会にあわせようとしてるのが垣間見えますよね。

そのため、いまリスキリングが流行ってまして、無料でリスキリングできる講座一覧をまとめました~

【リスキリング講座】デジタルスキルを無料で学ぶ方法【29選】
リスキリング講座として無料でデジタルスキルの基となるセキュリティ&暗号化、統計学、データサイエンス、AI・機械学習・深層学習、プロジェクトマネジメント、ブロックチェーン(Web3.0)やデジタルマーケティングを学べるサイトや方法をまとめました!

 

デジタルリテラシーとは?簡単に説明

簡単にデジタルリテラシーを説明すると、過去と現在では同じことをするのにも動作が違うということです。

何か分からない”言葉”があったときで考えてみてください。

デジタルリテラシーとは?簡単に説明 (1)

・過去

辞書で調べる。

・少し前

Webで調べる。

・現在

WebだけでなくSNSからも最新の情報を調べ、いまの仕事や私生活で使ってみる。

 

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

同じ動作でも、

過去と現在でこんなに違いがあるんです!

しかも、ただ調べるだけでなく現在の行動に活かしています。これはミラクルですね〜 なんだかデジタルな未来を感じちゃいましたd(^_^o)

 

デジタルリテラシーとITリテラシーの違い

デジタルリテラシーとITリテラシーの違いは、定義している領域が違います。

デジタルリテラシーは最新のテクノロジーを活用することになりますが、ITリテラシーは情報技術全般を指しています。

デジタルリテラシーと似た言葉で「ITリテラシー」があるので、パッと見だとよくわからないですよね。

そもそもデジタルリテラシーという言葉自体があとから定義されたものですので、デジタル・ディバイドというインターネットを使いこなせる人と使いこなせない人とで情報格差が起きているから、国としても注意喚起してデジタル社会を目指したいんだと思います〜

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

他にも情報リテラシーやメディアリテラシーなど、

細かく見ていくといろいろあります

 

ITリテラシーとは

コンピュータやネットワークなどさまざまな情報技術や、セキュリティなど含まれてた幅広い言葉です。

エクセルやメールソフトを利用できるかどうか、といった初歩的な部分から、システムを開発して動作する環境を構築するなど、とても広い意味があります。

情報推進機構であるIPAでは、以下を定義されていますね。

ITリテラシースタンダード(ITLS)は、将来の成長や競争力強化に向けたビジネスの改善・刷新と効果的なIT活用・投資を進めるための、主に事業部門やスタッフ部門などで勤務するビジネスパーソン(非IT技術者)に求められるIT知識や技能、情報活用能力とその領域を示すものです。

ITリテラシースタンダード|IPA

さまざまなリテラシーがありますが、その先にあるのは「デジタルスキル」です。

デジタルスキルとは?デジタル人材に必要な5つのスキル
これから新たに「デジタルスキルを身に付けたい」、と考えられているIT未経験の方に向けて書きます。国が思い描く「デジタル社会」の実現に向け、いろいろなところで話題になっている「デジタル人材」ですが、具体的にデジタルスキルとはなんなのか?
\ショートカット版は動画で!/

いまデジタル社会にあわせて新たにスキル習得するのが流行っているんですよね、なのでリスキリングで人気なデジタルスキルをまとめました~

リスキリングで何を学ぶ?3つの人気スキルを知って差別化しよう
リスキリングが流行っていますがご存知ですか?コモディティ化するなか他の人と差別化するための選択肢として「学び直し」があります。今回は「リスキリングで何を学ぶ?」「リスキリングで人気のスキルは?」をまとめていきます〜

 

デジタル社会を楽しむ

これからはじまる(もうきてる?)デジタルがあたりまえの時代、誰もが最新のテクノロジーを楽しめる世界になればいいなと私は思います。

(トップに書いている「当メディアの目的は」ややカッコつけすぎたかも!?)

デジタル社会についてはこちらでさらに書きました~

デジタル社会とは?私たちに「イマ」起きている6つのこと
デジタル社会について調べてみると、国の文章が非IT者には伝わりにくいと思いました。IT人材として14年のキャリア(ITベンダーのSE7年、事業会社の情シス7年)がある私でもムズカシイ(まず長文すぎる)と、思ってしまいました、、、。

デジタル庁が2021年9月1日にできたのは記憶に残っている人も多いでしょう。

デジタル庁が掲げている未来としては、

「誰一人として取り残されない、人に優しいデジタル化を」

です。

 

デジタルリテラシーの教育

デジタルリテラシーを身に付けるために資格を推奨されている方が多いですが、ハードルが高いと思いました。

IT人材として働いていくわけではない方ならば、資格まではいらないかもしれません。

なぜなら、純粋にテクノロジーを活用して楽しもうとしたときに、

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

「資格が必要です」

なんて言われたら冷めちゃいますよね

実際に触ってみて、アレコレ考えることにこそ価値があると思いますよ。

 

デジタルリテラシーを高める

デジタルリテラシーを高めるために、企業ではITパスポートという国家資格の取得を義務付けているところもあるそうです。

しかし、実際の業務や私生活でどのように活用するか考えてみるのが第一歩だと思います。

なぜなら、最新のテクノロジーは手軽に試せるものなんて少ないでしょう。

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

それであれば、

最新のテクノロジーで作られた商品やサービスを使ってみるのがオススメ

たとえば、IoTというインターネットオブシングスと呼ばれるモノのインターネットは割と導入されていまして、デパートのトイレの入口に液晶モニターなどで、どのトイレが今空いているか?がわかる仕組みです。

見たことがある人もいるのでは?これはトイレのドアなどにセンサーが付いていて、その情報をどこかに置かれた情報機器(PCなど)にWi-Fiで飛ばして表示させています。

ここまで利用者の視点でしたが、ここから企業側の視点になってみると、◯時になるデパートの何階のトイレ近くは人が多いので自動販売機を多く設置したり、店舗やイベントスペースを設けるなどの施策を考える上での貴重な情報源になりますよね。

デジタル技術を活かして、事業や私生活に取り込むとどうなるか考えたり試したりすることで、デジタルリテラシーは高めることができると思います。

すでに誰かが試した事例も、たくさんあるかもしれませんよね~

 

デジタルリテラシーが低い

デジタルリテラシーが低いと、デジタル技術を会社や私生活に取り込むのは難しいでしょう。

そんなことはあたりまえなので、まずはテクノロジーでどんなことができるのか?うちの会社や私の人生をどういうふうに楽しませてくれるのか!?を調べてみるといろんな発見があるかもしれません。

しかも、結果的にデジタルリテラシーが低い状態から高い方へ近づいていくかもしれません。

 

総務省としても、デジタルリテラシーが十分ではないというのが原因で日本はデジタル化で後れを取ったと発信しています。

いいたいことはわかりますので、ここからどうやって上げていくかを当メディアでは考えて実践していきます!

2021年には、デジタルリテラシー協議会(Di-Lite)というものもできていますし、ビジネスパーソンはこれからどんどんデジタルリテラシーの研修などが会社でも増えていくかもしれませんね。学校とかでも授業でデジタルリテラシーをすると思います。

今の時点で、SNSリテラシーなどがされているでしょうから。

うちの会社でも、ITリテラシーテストとかしたいんですよね。今度、研修プログラムを申し込んでみるかもしれません。

 

なにかを新たに学ぶとき、どのくらいでスキルが習得できるのか知りたくないですか?5つの習得時間の法則を調べてまとめました~

スキル習得に必要な時間は?5つの法則と事例をもとに逆算しよう
リモートワークが増えるなかリスキリングでデジタルスキルを学ぶ人が増えています。しかし学ぶといってもスキルを習得するのに必要な時間はどのくらいか?たとえば「来年の4月までに実績作るぞ~」なんて思っても目安がわからないと計画しにくいですよね。

そして、デジタルリテラシーと身に付けた人と、そうではない人で格差が広がっているそうです。これを情報格差というそうです。

情報格差とは?年収格差とも言われる世界が変わった3つの事象
情報格差を知っていますか?年収格差の根本にあり、特に高齢者や低所得層は今後も格差が広がるそうです。なんと、知らぬうちに選べる仕事が減ってしまうとか^^;気持ち超わかるんですが、さすがにこれから始まる時代なら違うのかも?
\各デジタルスキルも解説!/

 

まとめ

デジタルリテラシーの向上を目指すために、いろんな情報を幅広く書いてみました~

一つひとつの項目をちゃんと書くと膨大になるので、需要があったら詳細版を書くかもしれません。

国の方針がすべてではもちろんないですので、世界レベルにあわせるためにがんばるのではなく、個人個人が楽しめるようなデジタル社会を目指せば、

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

デジタルリテラシーが向上するんじゃないかな~

なんて、思いながら書いてみました~

 

ちなみに、世の中にあるおすすめランキングに疑問があったので、私自ら目視で確認しながらIT職種ごとのおすすめ転職ランキングを作ってみました!

IT未経験向けのものから、地域ごとのランキングもあります^_^

そして、「IT転職エージェントにインタビューしたホントの話」を無料ダウンロードできるようにまとめてみました!

 

次はデジタルスキルについての記事です~

デジタルスキルとは?デジタル人材に必要な5つのスキル
これから新たに「デジタルスキルを身に付けたい」、と考えられているIT未経験の方に向けて書きます。国が思い描く「デジタル社会」の実現に向け、いろいろなところで話題になっている「デジタル人材」ですが、具体的にデジタルスキルとはなんなのか?
デジタル人材入門
\ 綴間チヨノリをフォローする /
みらいデジタル編集長
綴間チヨノリ

はじめまして。
綴間チヨノリと申します。
(姓は「つづりま」と読みます)

当メディアは、
「デジタルリテラシーの向上で情報格差のない世界をつくる!」
という未来を目指します。
(壮大すぎたかもw)
詳しいプロフィールやコンセプトについては、TOPに書きました~

まずは、以下2つを作ります。

●未経験からデジタルやITを仕事で活かす方法
●デジタルやITを私生活で活かす方法

ENJOY DIGITAL (^^)b
ということで、よろしくお願いいたします。

【New】22年8月:マイナビニュースの記事監修
22年5月:『Before DX 働き方を劇的に変えた社内SE「50」のRULE』を出版

\ 綴間チヨノリをフォローする /
みらいデジタル

コメント

タイトルとURLをコピーしました