【史上初】IT職種ごとのおすすめ転職サイトランキング

スキル習得に必要な時間は?5つの法則と事例をもとに逆算しよう

スキル習得に必要な時間

 

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

こんにちは~

綴間チヨノリです

 

本を出版したら、翌朝にAmazonで1位を2つも^^

出版社との経緯や書籍に込めた想いをこちらで綴ったので見てみてね~

リモートワークが増えるなか、リスキリングでデジタルスキルを学ぶ人が増えています。

しかし、学ぶといってもスキルを習得するのに必要な時間はどのくらいか?

たとえば、「来年の4月までに実績作るぞ~」なんて思っても、目安がわからないと計画しにくいですよね。

ということで、今回は「スキル習得に必要な時間」をまとめていきます~

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

なんと!

習得時間の法則は5つもありました~

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

しかし、

自分の時間を投資するからには

詳しく知りたいニャ

\各デジタルスキルも解説!/

 

\目視で調査しました!/
【史上初】IT職種ごとのおすすめ転職サイト・エージェント20社
各転職サイトでIT職種ごとの求人数を調査しランキングにしました!IT転職サイトを選ぶときには、実際に自分が望む求人がどのくらいあるか目視で確認することがたいせつです。なぜなら、誰かから聞いた話だと本当かどうかわかりません。それに、前提条件もことなるかもしれません。”転職に正解はない”と言われますが、それは、
〇〇に聞いたQ&Aもプレゼント

 

習得時間の法則

習得時間とは、なにかスキルや資格に言語などを身に付けるのにかかる時間のことです。世の中にはすでに、習得時間の法則というものが5つあります。

  • 1万時間の法則
  • 1000時間の法則
  • 600時間の法則
  • 50時間の法則
  • 20時間の法則

なにか新しく始めようとしたときの目安になると思いますので、それぞれ見ていきましょう。

 

1万時間の法則

10000時間の法則とは、ある分野で「エキスパート」になるのに必要な時間という理論です。

誰が作った理論かといいますと、フロリダ州立大学の心理学者であるK・アンダース・エリクソン(K. Anders Ericsson)氏です。

マルコム・グラッドウェル氏と言われているのは、著書天才! 成功する人々の法則(講談社2009年)(原題:OUTLIERS:THE STORY OF SUCCESS)で広まったからでした。

この1万時間の法則の根拠としては、著書のなかで、K・アンダース・エリクソン(K. Anders Ericsson)氏の研究として演奏家が20歳のころまでに1万時間の練習をしていることを根拠としています。しかし、現代では反論も多数あります。

反論理由は、練習ばかりするより本番をした方が良いとのことで、納得の極みでした。笑 そりゃ、練習ばかりするよりも実践したほうが身に付くのは当然ですよね。

しかし、K・アンダース・エリクソン氏もさすがに練習ばかりを想定していないと思うので、ちゃんと質を考えて個人個人で取り組めばいいと思います。

 

10000時間は何日?

1日24時間という睡眠ゼロの無茶な計算にすると、

416日(10000÷24=416.6666666666667)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

1年と51日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

さすがに無理です

 

1日に2時間勉強すると何日で10000時間?

1日に2時間勉強するとしますと、

5000日(10000÷2=5000)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

13年と255日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

そんなに時間かかるのも無理

となると、勉強時間でとらえるのではなく、本業として取り組んでいる時間も入れるべきですね。

 

1日に8時間経験すると何日で10000時間?

1日に8時間その職種で働いているとすると、

1250日(10000÷8=1250)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

3年と155日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

勉強時間がゼロだとけっこうかかるなぁ

 

1日に10時間勉強(経験含む)すると何日で10000時間?

本業(8時間)プラス1日に2時間勉強したとすると、

1000日(10000÷10=1000)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

2年と270日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

なんだか現実的な数字になってきたね

ただし、これだと週7日すべてやる前提ですね(゚o゚;;

 

1年間で働く日のみ1日に8時間経験すると何日で10000時間?

せめてさきほどの1250日を、週5日?というか土曜日と日曜日と祝日を除くと1年間で働く日はおおよそ245日になる(根拠はこちら)のでこれで計算してみます。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

5年と25日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

なるほど、、、

1万時間ってフルタイムで5年働く時間に相当するんですね

 

1年間で働く日のみ1日に10時間勉強(経験含む)すると何日で10000時間?

さきほどの1000日を、週5日1年間で働く日のおおよそ245日になる計算のでしてみます。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

4年と20日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

き、き、厳しい、、、

と思ったけどエキスパートなら早いほうですよね

 

むしろ、その分野のエキスパートという狭き門の話を知りたいわけでもないですよね?

 

1000時間の法則

1000時間の法則とは、ある分野で「セミプロ(中上級者)」になるのに必要な時間という理論です。

しかし、誰かが作った理論ではありませんでした。強いていうならば、1万時間の法則との比較でできたのかもしれません。

ただ、この1000時間の法則もかなり難易度は高いです(セミプロなので当然ですが)。

なぜなら、人はなにか新しいことを始めようと10000人が思っても、実際に始める人は1%の100人といわれており、そこから継続できる人は1人だそうです。

それだけなにかを始めても続けられる人は少ないようなので、このカテゴリー(デジタル人材入門)のように新たにデジタル人材へ向けてデジタルスキルの習得を目指している方にとっては、ひとつのゴール地点といえるのではないでしょうか?

 

1000時間は何日?

1日24時間という睡眠ゼロの無茶な計算にすると、

41日(1000÷24=41.66666666666667)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

41日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

またもや無理、

寝ましょう

 

1日に2時間勉強すると何日で1000時間?

1日に2時間勉強するとしますと、

500日(1000÷2=500)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

1年と135日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

仕事終わりに学ぶとしたら

現実的ですね〜

 

ここでまたまた、勉強時間でとらえるのではなく、本業として取り組んでいる時間で考えてみましょう(いわゆる未経験でその職種に転職)。

 

1日に8時間経験すると何日で1000時間?

1日に8時間その職種で働いているとすると、

125日(1000÷8=125)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

125日(約4ヶ月ちょい)ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

経験ありますが

たしかにそうかも

 

未経験で転職して研修で慣れてきたころか、いきなり実践でなんとか慣れてきたころかな?(休日も働く前提の計算なんですが、これは業界によってはありえますね。涙)

 

1日に10時間勉強(経験含む)すると何日で1000時間?

本業(8時間)プラス1日に2時間勉強したとすると、

100日(1000÷10=100)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

100日(約3ヶ月ちょい)ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

若いかたなら

たしかに未経験の転職いけそうですね

経験者としては、毎日が必死すぎてあっという間でしたね〜

ただし、またまたですが、これだと週7日すべてやる前提ですね(゚o゚;;

 

1年間で働く日のみ1日に8時間経験すると何日で1000時間?

またまた125日を、週5日勤務で土曜日と日曜日と祝日を除くと1年間で働く日はおおよそ245日(根拠はこちら)ので計算しようとしたらよくわかりませんでした。

そのため125日ですし、単純に月20日は働くこととして計算します。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

6ヶ月と5日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

4月入社ならGWや夏休みもあるので、

7ヶ月と考えると、、、わりと正しいのかも?

 

1年間で働く日のみ1日に10時間勉強(経験含む)すると何日で1000時間?

さきほどの100日を、単純に月20日は働くこととして計算します。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

5ヶ月ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

4月入社ならさきほど同様に

6ヶ月と考えると目安になりそうですね~

定時退社できるとも限らないし、未経験転職は休日に勉強もしつつ半年がんばるのが目安かも?

IT業界とかだと、半年経っていたら普通にPJへ参画しますね。時代によっては1日目からですが。笑

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

古き恐ろしい時代の話はやめるニャ

 

もしかしたら、この記事を読まれるあなたは、未経験から1人前になれる時間を知りたいですよね?

 

600時間の法則

600時間の法則とは、ある分野で「一人前」になるのに必要な時間という理論です。

しかし、誰かが作った理論ではなく、プログラミングスクールの「10週間 600時間」という訴求によるものが有力ですが、昔から資格の合格体験記などでも使われている例えでした。

なにか専門的な資格として行政書士や、特殊職・専門職であるプログラミングやWebデザインなどを短期的にいっきに身に付けるための時間のようです。

合計での600時間で考えていいと思いますが、このスクールのような10週間で600時間となると、もはやリカレント教育のようにいったんキャリアを中断するレベルの話ですね。

そういった意味ですと、仕事を辞めている状況などでなんらかの専門的な職種の技術を身に付ける目安になるかもしれません。

 

600時間は何日?

1日24時間で単純に計算すると、

25日(600÷24=25)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

25日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

目安として考えましょう

 

1日に2時間勉強すると何日で600時間?

1日に2時間勉強するとしますと、

300日(600÷2=300)となります。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

約10ヶ月ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

国家資格などの習得に向け、

1年前から準備するイメージですね

 

つぎにさきほどまであった、週7日前提の計算はすべて省きますね~

 

1年間で働く日のみ1日に8時間経験すると何日で600時間?

1日に8時間その職種で働いているとすると、

75日(600÷8=75)となります。

この75日を、単純に月20日は働くこととして計算します。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

3ヶ月と15日ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

3ヶ月と15日って、

1ヶ月を20日で考えているから

だいたい4ヶ月ですね

 

1年間で働く日のみ1日に10時間勉強(経験含む)すると何日で600時間?

本業(8時間)プラス1日に2時間勉強したとすると、

60日(600÷10=60)となります。

この60日を、単純に月20日は働くこととして計算します。

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

3ヶ月ニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

4月入社なら

夏休みあたりに一人前の顔に!?

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

だいぶ慣れてきて、

同期がいるなら差が出始めるころかもニャ

 

他人との差別化を考えると、もっと初期のころにいっきにさを広げたいところ!?ですかね~

なんて、そんなカッコつけずに、普通に遅れ始めてしまうかたもいるのが現実。そういったかたをフォローするためにも自分自身でいっきに学んだほうが、あなたがいることで強力な組織になるのかもしれません^^

 

50時間の法則

50時間の法則とは、1万時間の法則で実際に50時間を費やしたあと「90%が脱落する」という理論です。

「一つのことに1万時間費やせばその分野にずば抜けて強くなる」という人もいるが、私はそんなに単純だとは思わない。

実際には50時間を費やした後、90%が脱落する。好きになれない、向いていないという理由でだ。そしてさらに50時間費やした人の90%があきらめる。

このような普遍的なサイクルがあるんだ。

運だけでなく、続けるだけの熱意も必要だ。

1万時間費やした人は、ただ1万時間費やした人ではない。自分で選び、さまざまな過程の中で “選ばれた人”なんだ。

ビル・ゲイツ

これはこの記事の1000時間の法則で私が説明した、「人はなにか新しいことを始めようと10000人が思っても、実際に始める人は1%の100人といわれており、そこから継続できる人は1人だそうです。」と同様の話ですね。この理論の別の言い方として「50時間の法則」が昔からあったのかもしれません。

 

20時間の法則

20時間の法則とは、ある分野で「サクッとできるようになる」のに必要な時間という理論です。

誰が作った理論かといいますと、ジョシュ・カウフマン氏です。著書たいていのことは20時間で習得できる(日経BP2014年)(原題:THE FIRST 20 HOURS)で広まりました。

この20時間の法則の根拠としては、以下のTEDの動画(ジョシュ・カウフマン氏)がすばらしいです。なぜなら、1万時間の真実といいますか、実際に博士が伝えていたことと社会に広まった内容が変わっていってしまったことにも触れています。

1日45分で1ヶ月というのが20時間の法則でして、知的に効率的に20時間を有効的に投資するのだそうです。

 

第一に「スキルを分解する」

私たちが考えているよりもスキルというものは複数のスキルで構成されており、どの部分が自分の目指すことに、最も効果があるか見極めやすくなります。その部分を最初に練習し、重要なところから練習していけば、最小の時間でうまくなれる、というものです。

 

第二に「自己修正できるだけ学ぶ」

学ぼうとしている情報源について、3~5個手に入れます。本やDVDなどですが、それを練習の先延ばしにする理由にしてはならない。そのトピックの本を20冊手に入れてすべて読破したら、○○を始めるぞといったことは先延ばしに過ぎない、とジョシュ・カウフマン氏は伝えています。

実際に練習しながら、自己修正していくうえで必要なだけ学ぶ。学習というのは間違った時にそれと気づいてやり方を変えられるようになるためにする、とのことでした。

 

第三に「練習の邪魔になるものを取り除く」

気を散らすテレビやインターネットなど、これらすべては本腰を入れてものごとに取り組む妨げになります。少しの意志を使って取り除くことで実際に練習をする時の質が高くなります。

 

第四に「少なくとも20時間は練習する」

多くのスキルには「苛立ちの壁」とジョシュ・カウフマン氏が呼ぶものがあり、とても下手で自分でもそれがわかっているのですごく苛立ちます。その感情は練習に取り組む妨げになります。

やりたいことがなんにせよ、とりあえず20時間練習すると決めることで、最初に直面する「苛立ちの壁」を超えることができ、結果が得られるだけ十分に長く練習することになります。

これだけです。この4ステップは何を学ぶのにも使えます、というのがジョシュ・カウフマン氏の理論でした。

 

習得時間にたいせつなのは量・質?

ジョシュ・カウフマン氏の理論も学びありましたが、このTEDの動画の後半では実践編について触れています。

ここの話じつはウクレレの話が出てくるのですが、最後に「大きな障害は知的なものではなく、感情的なものなんです」、「あなたを熱くさせるもの 楽しくさせるものは何でしょう? それをやってみましょうよ たったの20時間です」というふうに語られているんですが共感しました。

なぜなら、

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

私自身ここ最近ウクレレを始めたので

シビレましたね!

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

もうYoutubeはじめます!!(顔出し)

ぜひこちらからひとめだけでも >_<

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

チヨノリの話は

誰も聞いていないニャ

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

・・・

 

あらたにスキルを習得するなら、【リスキリング講座】デジタルスキルを無料で学ぶ方法【28選】をご参考にしてください~

【リスキリング講座】デジタルスキルを無料で学ぶ方法【29選】
リスキリング講座として無料でデジタルスキルの基となるセキュリティ&暗号化、統計学、データサイエンス、AI・機械学習・深層学習、プロジェクトマネジメント、ブロックチェーン(Web3.0)やデジタルマーケティングを学べるサイトや方法をまとめました!
\YouTubeでも解説!/

 

いまリスキリングで人気のデジタルスキルは、こちらにまとめております。

【リスキリング講座】デジタルスキルを無料で学ぶ方法【29選】
リスキリング講座として無料でデジタルスキルの基となるセキュリティ&暗号化、統計学、データサイエンス、AI・機械学習・深層学習、プロジェクトマネジメント、ブロックチェーン(Web3.0)やデジタルマーケティングを学べるサイトや方法をまとめました!

 

まとめ

なにを伝えたかったというと、「量より質」だと思います、ということです~

スキル習得のために嫌々やるのも違いますし、人気のスキルをみんなが持っていてもコモディティ化しますしね^^;

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

さぁ、熱中できるコトをはじめよう!

(ジョシュ・カウフマン氏風)

猫型ロボットHAL
猫型ロボットHAL

チヨノリ元気だニャ~

働き方も同様だと思っていて、「嫌だなぁ」と思いながら働くよりかは「自分がどう在りたいか?」で考えた方がいいし、そのために必要なことってコツコツと自分を磨くことなんじゃない?

綴間チヨノリ
綴間チヨノリ

って思ったので

書きました~

ちなみに、世の中にあるおすすめランキングに疑問があったので、私自ら目視で確認しながらIT職種ごとのおすすめ転職ランキングを作ってみました!

IT未経験向けのものから、地域ごとのランキングもあります^_^

そして、「IT転職エージェントにインタビューしたホントの話」を無料ダウンロードできるようにまとめてみました!

 

 

デジタル人材入門
\ 綴間チヨノリをフォローする /
みらいデジタル編集長
綴間チヨノリ

はじめまして。
綴間チヨノリと申します。
(姓は「つづりま」と読みます)

当メディアは、
「デジタルリテラシーの向上で情報格差のない世界をつくる!」
という未来を目指します。
(壮大すぎたかもw)
詳しいプロフィールやコンセプトについては、TOPに書きました~

まずは、以下2つを作ります。

●未経験からデジタルやITを仕事で活かす方法
●デジタルやITを私生活で活かす方法

ENJOY DIGITAL (^^)b
ということで、よろしくお願いいたします。

【New】22年8月:マイナビニュースの記事監修
22年5月:『Before DX 働き方を劇的に変えた社内SE「50」のRULE』を出版

\ 綴間チヨノリをフォローする /
みらいデジタル

コメント

タイトルとURLをコピーしました